新転売教材はYUIKAと同様3タイム方式です。

みつお監修の転売教材特集4発目。


今日は、本教材の販売方法についてお知らせします。



フロント+ワンタイム+もういっこワンタイム



まず、一つめ。


ベースとなる、メインの転売教材。業界では、フロント商品などと呼びますが。


一昨日までの記事てご説明したのは、すべて、こちらの話ですので、当然、この教材だけでも十分に稼ぐことは出来ますし、稼ぐ力も身につきます。


業界で出回っている、無料レポート的なものとは、次元が違いますので、誤解の無いようにお願いしますね。


で、二つ目。


フロント教材をご購入いただきますと、お決まりのワンタイムオファーが掛ります。


こいつは、販売者が


「家宝にも匹敵する」


と豪語しているテンプレート。


何事も、作業の効率化を図る上で、雛形化はかかせませんが、アイテムごとにこいつを用意するとは、


まさに「プロ中のプロ」


で、これをそのままくれるっていう話なのです。


「何でも書け」


と言った手前、何でも書いてもらいましたが、こいつを、フロントにぶっこむのは余りにも惜しいので、バックエンドに回しました。


だって、これ、ホント凄いものなんですよ。


でも、こういうのって、価値の解るひとじゃないと、結局宝の持ち腐れになってしまうんです。


しかも、先行販売の価格とかで買っちゃったら、


「まあ、丁寧だけど、そこまでの価値しかないんでしょ」


みたいな扱いを受けるのが目に見えてます。


なので、これはみつおの意見で、フロントから切り離しました。


フロントにも、テンプレートはついていますから、これを他の商品に当て込んでくれても、十分に稼げます。


稼げますが・・・


バックエンドについてくるテンプレは、それを遥かに凌駕するものとお考え下さい。



しかも。


ここには、まだ秘密がありましてね。


1000%稼ぐまでの時間を、驚異的に早める


「ズバリアイテム」


を、このバックエンドでは明らかにしています。


野球なら、四番とかエース。ボクんとこなら、MSRとかPSWとかの存在。


勝利とか売上が、安定して計算が出来るいわば「柱」っていうアイテムを、ずばりそのままお伝えしています。


聞くところによると、5年間オークションだけで食ってこれたのは、こいつの活躍があったからこそだと。


ボクもこれを出品しているところは、それこそ何度も見ましたけど、まー、最終日には、上がるあがる。


一発で大体2万円前後は利益だしてましたからね。


そんなアイテムを、ズバリ教えてくれます。


裏メインと呼ぶにふさわしいコンテンツ。実践するなら、ここまでは行っときましょう。



で、三発目なんですが…


もうこれはね、多分、書いているうちにマヒしちゃったんだと思います。


ボクも見て、呆れちゃいましたもん(笑)


2個目のワンタイムってのは、


「稼げる商品リスト」





「利益確保の為の暫定仕入予算入り」





「ここを必ずチェックして!の但し書き付き」


ってやつが


「300アイテム分」


記載されています。


10や20でも、100や200でも無くて、300アイテム分です。


全部書け!っていったことを、ここまで書いた時点で誉(ほまれ)ですわ。


人って、そうは言っても現役なんだから、なにかしら隠したり、出し惜しみしたりするもんでしょ?


そういうことをしないのは、ボクくらいのバカしかいないと思ってたら、結構身近に、おバカさんがいました(笑)


冗談はさておき、このリストを手にいれれば、鬼に金棒、ポパイにほうれんそう鉄板です。


只ね、これはちょっと限度を超えている、サービスなので、一般販売の時には、それなりの価格設定にしないと割が合わんので、販売者にはその旨、指導しましたがw



(参考までに)みつおがご提案する捉え方



みつおが1000%稼げるとお伝えしている以上、フロント教材だけでも実践を続ければ、ちゃんと稼げるようになります。


後に控える教材二つは、いうならば、達成までの「速度を速めるもの」とお考えください。


例えば、先々行販売価格である7800円の1000%って言えば78000円でしょ?


こんな金額だったら、今だってボク、2回くらいの出品で稼げます。


でもそれは、ボクのスキルがあっての話。


バックエンドの2つを手にいれることにより、あなたのスキルアップへの道に、しっかりとしたレールが引かれます。


寄り道できないようにね(笑)


あとは、レールに沿って、日々前進あるのみですから、目的地(1000%)までは、例え45000円ほど情報仕入れに使ってもスグに到着ですよ。


ということで、また明日♪

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>