魔法のテンプレートの秘密

さてさて、いよいよ明日に迫った新転売教材のリリース日ですが、今日もメルマガ引用の手抜き記事でお茶を濁しておきます。

なんてったって、せっかく書いたコンテンツなので、インデックス促進にはもってこい。

メインで使うと、モロ手抜きバレバレですしねw

んで、今日の内容は、こっちのサイト→ネットビジネス応援サイト【別館】

の次に読んでいただけると解り易いと思いますので、ご了承願います。

作為的と意識的のちがい

オークションで唯一コントロール出来ないところ。
それが「落札価格」です。

ヤフオクで利益を上げる?吊り上げりゃいいんだろ。

っていう短絡的思考が通用したのは、 恐らくもう10年近く前でしょう。

今の時代、落札価格はコントロール出来ないんです。
ふつうは。

そりゃね、覚悟を持ってやれば、ズルも何回かは出来るかも知れません。

でも、そんなリスクを背負っていては、 落ち着いてビジネスなんか出来ないんですから、 限りなくホワイトな戦術で臨むのがベスト。

そうなると、

「作為的」にではなく、
「意識的」に競らせる。

そんなテクニックが必要なんです。

作為的=不自然さが目立つさま
意識的=わざと ・ 自覚して

この似て非なることばの意味を、理解することが成功への道です。

意識的に「競らせる」方法とは?

この部分を具体的にどういうことかを、教材では説明しています。

63ページからはじまる出品ページの書き方(表現方法)解説。

65ページの4行目で本音を書き、7行目でそれを実現させる方法をたった1行で表現しています。

高値を付ける=意識して競らせる。

その為には、出品ページの説明記述が、大きな役割を担っています。

ノウハウ提供者である星野さんと、ボクの所感とはほぼイコールなんですが、

素人さんは、この出品ページの書き方自体を知らない。
玄人さんは、この出品ページの書き方を舐めている。

だから、競らないので安く買うことが出来るし、それを知っているからこそ、

「意識して競らせる」

ことを実現しています。

画像の役割、文章の役割をキチンと理解してこそ、高値を誘発することがワケですね。

ワンタイムテンプレートの出番はここよ

まあ、そんなこと、理屈は解っていても、なかなか素人にはムズカシいよ・・・

そんな発想を抱いて、二の足を踏んでしまう方が、たくさんいることをボクは知っています。

そんなワケで、ワンタイムに切り離したのが、

「魔法のテンプレート」

理屈が解ってても、手が動かない。

ならば、ここだけ入れてね、という雛形をアイテムごとに用意すればいいんじゃね?

そんな発想から生まれたツール(テンプレ)です。

穴埋め感覚で、商品の情報を入れていけば、星野さん同様の、高値誘発ページが完成するという、まさに魔法のテンプレートなのです。

これ、前も書きましたけど、フロントに持っていってたら、間違いなくスルーされると思うんですよ。

人って、どうしても、価格で物を判断してしまいますからね。

このテンプレしかり、鉄板アイテムしかり、ある程度の価格設定をしていて、購入者さまははじめて真面目に受け止めてくれるのでは?

そんな仮説のもと、設定しております。

ってことで、今日はここまで。

明日はいよいよリリースになります。

お楽しみに♪

関連記事はこちら

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*