アーカイブ : 副業

副業で月3万円スマホだけで稼げる情報は本当なのか?

月3万円の副収入があったらなあ…

我が家もおこづかい制だったころ、ボクもそう思ってました。

給料が手取り30万円ちょっと。

娘とせがれが、小学校高学年になったときなんか、ボクのおこづかいは月3万円でしたからね。

しかもお昼代とタバコ代込みで。

それが倍になれば、どんなに楽になるかなあと思ってましたよ。

世の中には、同じく子育て世代の方が、まだまだいらっしゃいます。

家計で抑えられるところなんて限られますから、やっぱりゆとりのある生活の実現には、収入を増やすってことが、一番手っ取り早い方法ですよね。

手っ取り早いとはいえ、実社会においては、それがなかなか難しいものですが、今はネット時代。

通勤とかちょっとした空き時間に、スマホだけで稼げないかな?

なんてことを想像している方も多いようです。

スマホだけで稼げるのは事実。しかし…

ネット上をリサーチしていると、

初心者でもスマホだけで月3万円

とか

主婦がスマホで月3万円稼げる副業ランキング

といったサイトがたくさん並んでいます。

 

たしかに、以前書いたとおり、スマホだけで稼げることは事実です。

スマホで出来る(完結する)副業は本当に怪しいのかを考察する。

只、これですと、条件といいますか、稼ぎやすいのは、お買い物やお出かけが好きな女性、といった雰囲気が漂いますよね?

そもそも、おススメできるものを買わなきゃレビューはできませんし、お店などには当然行かなきゃあなりません。

スキマ時間に片手間で、というのがネットで出来る副業のメリットなのに、それじゃあ本末転倒です。

では、サラリーマンのおっさんが、スマホで出来る副業はないのか?

と問われれば、そんなことはないんですよ。

スマホで稼ぐなら転売がベストだと言える理由

結論からいうと、スマホで稼ぐのなら、転売が非常によいと思います。

理由はまず、即金性が高いこと。

やっぱりすぐに利益が確定して、キャッシュが手もとに来るのはうれしいですよね。

また、仮に失敗したとしても、結果がすぐにわかります。

したがってPDCAがしやすいので、その失敗を次に活かしやすいこともメリットだと思います。

そして、スマホですから、いつでもどこでもリサーチがしやすい

コツは、利益が出やすい商品ジャンルをまず知ること。

そうすれば、ヤフオク!とかメルカリを、スキマ時間にリサーチすることにより、高確率で利益がとれる仕入れが出来るようになります。

具体的には、単品利益で5000円前後が狙える商品ジャンルがあります。

ここを攻めれば、月6回の仕入れ⇒販売で月3万円達成です。

月6回ってことは週1~2回ですから、本業にもそんなに負担はかからないでしょう。

実際、ボクはこれ(転売)で味をしめてしまい、月20万円以上稼いだこともあります。

さらにいえば、それがきっかけでアフィリエイトをはじめ、結果ネットビジネスが本業になってしまったという顛末。

今、思い返してみると、この転売ビジネスってやつに巡り合えたこと。

そしてなにより、自分自身でやってみたことを、ボクは本当に良かったと思いますよ。

 

みつおへメールしてみる?

 


メルマガ会員様募集中です♪


ノウハウコレクターから脱出するために捨てるべきこと。

サラリーマンが副収入を欲するのは、こんな時代ですから、当然といえば当然です。

・月3万でも5万でも稼ぎたい。

・出来ることなら永続的に。

・そして出来るだけ自分に向いてる仕事で。

・なおかつ簡単な仕事で。

こんな心情経緯を経たかたが、多く参入してくるんでしょうね。

この業界は。

ボクも似たようなものですから、このお気持ちはまったく否定はしませんよ。

でもね、上の例でいえば、ちょっとだけ違うところがボクにはあります。

それはですね、ボクは

自分に向いている仕事を」じゃあなく「自分にできる仕事を」っていう発想だったんです。

これ、似たようなニュアンスですが、中身は違うんですよ。

あくまでボクの場合ですけど、ボクは自分に向いている仕事なんて、ないと思ってます。

だって、本音をいえば、そもそも仕事なんかしたくないんですもん。

でも、生活をしていくためには、どうしたって仕事はしなくてはいけません。

そこで何が向いている?と考えたって、やる前からでは全く判断できない

と思うんですよ。

 

例えば、コンビニのバイトってあるじゃあないですか。

この仕事、昔は結構軽く見られている節がありますよね?

「コンビニのバイトでもしろ」

みたいな。

なんか接客しなくていいし、品出しとレジ打ちしてればいいんでしょ?

という具合に扱われていた時代がありました。

要は「誰でもできる仕事の代表」という扱いですわ。

てことは、向き不向き関係なくできる仕事、ということになりますよね。

でも、ボクにはたぶんできないと思うんですよ。

なぜなら、あんなにボタンがあるレジなんか、覚えられないと思うし、今コンビニで扱っているサービスを、全部覚えなきゃいけないんでしょ?

考えただけでもムリ、できません。

副業は本業と切り離して考え まずは試すこと。

向いている仕事を探すかたって、本業で培ったスキルを活かせる仕事を求めている傾向にあるような気がしています。

確かにそれは、一理あるとは思うんですが、実際は転職の時の発想に近いですよね。

そうではなく、本業とは違った仕事ってのを探してみる。

その中で、自分に向いている、という発想ではなく、自分にできるかを試してみる。

これが大事です。

そもそも試すことができなそうなもの。

例えばボクの場合なら、仮想通貨を含めた投資ですね。

これは自分の性格からして、できない、やらないと決めてます。

こういうのは最初から候補として入れないんです。

そしてリスクが少ないものから試し、自分にもできそうだと判断したら、あとは徹底してやる。

シンプルに考えて、これが成功する近道なんですよ。

副業に取り組むならサラリーマンの気持ちを捨てる。

最後に、多くのノウハウコレクターさんが、お持ちであろう心理状況について。

サラリーマンは基本的に、上司からの指示どおりに仕事をしなければなりません。

なので、それが身についてしまっているかたが副業をはじめると、メンターといわれる人を求める傾向にあります。

はじめから「この人は稼がせてくれるかな?」みたいな発想で、仕事を探してるんですね。

でも、それじゃあだめ。

さっき書いたように、まず自分でやってみて、手応えを感じたものがあり、それを追求するためにメンターを求めるのなら、問題ありません。

だけど、やったこともない仕事で、最初からメンターを求めるなんて、それじゃあ会社に勤めるのと一緒の発想になってしまうじゃあないですか。

会社に入ったんだから、上司が指示をくれるのが当たり前、みたいな。

そんな心持ちでいたら、いつまでたっても独り立ちできません。

副業は自分が事業の主役。

いくら規模が小さくても、あなたが経営者なんです。

【稼がせてもらえる=仕事を教えてもらえる=サラリーマンの発想】

です。

 

あなたがノウハウコレクターを自覚しているのなら、この発想をまず捨てるべきですよ。

 

 

みつおへメールしてみる?

 


メルマガ会員様募集中です♪


40代サラリーマン 副業から独立へ-成功に欠かせないたった1つの要素とは

これだけ将来の不安要素が多い時代。

 

だからこそなのか?ネットを覗いていると、副業に興味を持つサラリーマンが、日ごとに増えているような気配を感じます。

 

そんな中、広告や記事でよく見かけるのがこんなコピー。

 

「集客不要」

「営業不要」

「資金不要」

 

目を引きたいからって、独立開業するかたへ向けて、「●●不要」的なコピーばかりってのは、どうかと思いますよねえ。

 

そして、この中でボクがもっとも不適当だと思うもの。

 

それが「集客不要」ってやつでして。

集客こそ独立成功に欠かせないたった1つの要素

 

下記は2019年度、日本政策金融公庫が実施しました、新規開業実態調査です。

 

起業後の困難事案アンケート

 

・3位:従業員の確保

・2位:資金繰り・調達

 

そして1位がぶっちぎりで

 

・集客

 

とのこと。

当たり前のことなんですが、利益の源泉はお客さま(クライアント・ユーザーさま)です。

 

これはどんな業種にも当てはまります。

 

つまりどのような仕事でも、人間を相手にしているってこと。

 

だから利益を出すには、その人間を集めるという行為は、避けられないワケです。

 

集客手段を覚え、あなたのお客様を持とう

 

ボクが独立を果たしたのは、とどのつまりこの「集客スキル」に自信がついたこと。

 

これに尽きると思います。

サラリーマン時代、ボクは10年ほど、自動車部品販売店の店長を勤めていました。

 

店長の仕事は多岐に渡ります。

 

しかしその中で、優先順位をつけるとするなら、ボクは一番に「集客」を上げるでしょう。

 

理由は先にあげたとおり、集客はビジネスの成功に欠かせない、もっとも大事なことだからです。

 

その事実を知っている以上、ボクが今の業界に足を踏み入れたときから、この集客スキルを学んでいきました。

 

WEB上での集客スキル、それはすなわち「ライティングスキル」です。

 

これを覚えてしまえば、集客に困る可能性が、限りなく少なくなります。

 

ボクが独立して5年が経過しましたが、まったく畑違いの業界で、食べていけているのは、そういう理由が大きいと思ってますよ。

 

あ、畑違いの業界と書きましたが、ボクにとっては、それが返ってよかったのかも知れません。

 

下記は、独立を志す多くの方が、勘違いして実行に移し、失敗した例です。

 

同じ業種で開業した際の落とし穴事例

 

・美容院のスタッフが、身に付けたスキルを武器に美容院をオープンするも、あえなく閉店。

・焼き鳥屋の従業員が、お店のレシピを覚え独立をしたものの、お店は閑古鳥。

・営業マンが、会社の問屋から商品を卸してもらうつもりで開業するも、計画どおりにいかず。

これらの失敗の共通点。

 

それは、勤めていたころと、同じ業種についてしまったってこと。

例えばあなたが美容院につとめていて、オーナーに独立したいと申し出たとしましょう。

 

その場合、オーナーはお客様をとられないよう、何かしらの行動をとると思います。

 

この「何かしら」が厄介なワケです。

 

焼き鳥屋などの飲食業は、もっとわかりやすいです。

 

仮にレシピをカンペキに覚えたとしても、別の店で出せば、それは所詮二番煎じという評価が下されます。

 

元のお店の近隣に店舗を構えれば、なおさらその傾向は強くなるでしょう。

 

また、仕入れ問屋からも、前オーナーとのお付き合いを優先され、下手すればまったく食材が手に入らない、といった事態を招きます。

 

これらの実例は、恐らくご自身の腕前(スキル)に自信があったこと。

 

また、それさえあれば、お客さまが来てくれるという大きな誤解があったのでは?

 

とボクは思ってます。

 

スマホで出来る(完結する)副業は本当に怪しいのかを考察する。

素人には、出どころさえ特定するのが難しいもの。

それが怪しい広告です。

いきなり見も知らぬ人(会社)からメールが来たと思うと、何やらオイシそうな儲け話をつらつらと綴ってある。

こんな感じで。

・たった1時間で5,000円という高時給
・今なら登録するだけで1万円もらえます
・ど素人でもできるスマホをタップするだけで5,000円のお仕事

いわゆるスパムメールってやつですね。

ボクみたいに、10年この業界にいれば、開いてしまうことはあるものの、まず読まないし信じません。

しかしニュースを見ていると、未だにそういう情報を信じてしまい、被害にあわれるかたが後を絶たないようでして。

中でも最近のスパム業界は、スマホだけで完結できる副業ってやつがトレンドのようですね。

じゃあ、スマホだけで出来る仕事って怪しいだけで、本当は存在しないのでしょうか?

スマホで出来る副業は本当に怪しいのか

あなたに誤解されないよう、先にいっときます。

スマホだけで完結するというお仕事。

それは、限りなくアヤシイものばかりです。

ばかり」というと語弊がありますので、「極めて多い」とでも表現しましょうか。

まあ、どちらも大差はないですがw

しかし、完全にないってワケではありません。

昔からある代表的なのが、アメブロなど無料ブログを使ってのアフィリエイトですね。

どこかに行ったとか、何を食べたとか、これを作ったとか。

恐らく実践者の多くは女性だと思うんですが、まず上記の情報なり写真などを投稿しつつ読者を増やします。

そして、マッチする案件がある際、アフィリエイトリンク入りの記事を掲載するって形式です。

スマホだけで完結するし、アフィリエイトするアイテムも、Ameba Pick経由でAmazonとか楽天などから選べます。

女性であれば、扱える商品も豊富にあるでしょうし、怪しさは感じませんね。

ただ、怪しくないってだけで、ある程度の金額、例えば月5万円くらい稼ごうと思ったら、それなりに労力はかかります。

仮にあなたが、「アメブロで稼ぐ方法を教えます」っていう情報が販売されているのを見た場合。

そんな時は、その煽り文句に注目していただきたいですね。

収入の可能性を下げてしまう先入観

ということで、スマホで出来るお仕事、特に

・スマホだけで完結します

・タップだけで出来るお仕事です

・月5万円稼ぐことも可能です

こんな「表現しかない」広告は確かに怪しいです

いうなら、昔の不動産屋の手口に似てるかも。

入口に貼ってある「●●駅から徒歩3分」みたいなw

でも、アメブロでのアフィリエイトの例をみると、内容は決して間違いではないでしょ?

こんな感じで、限りなく怪しいといえるスマホで完結する副業情報ですが、先入観を捨て、しっかりと精査すれば、案外あなたに向いているビジネスが展開できるかも知れませんよ。