商売は「アナログ感覚」を磨け

それでは今日も、新転売教材の内容を一部詳しくご説明します。

昨日もお伝えしましたが、転売で利益を出し続けるには

  • いかに安く仕入れるか
  • いかに高値をつけるか
  • いかに経費を抑えるか

大まかに言って、この3つの要素を、考えなければいけません。

そこで今日は、昨日お伝えしました販売ページからの抜粋にあります、

仕入れの際に一般人と差をつけて落札しやすくする方法

この部分について、ご説明します。

と、いきたいところですが…

その前に、ちょっと余談にお付き合いください。

やっぱり楽しむべきでしょう。

先日、ボクのSNSメンバーさんと、不定期で行っておりますオフ会、

「みつお会」

なる催しを品川にて行いました。

そこで、とあるメンバーさんが、最近、アマゾン転売の面白さに目覚め、ちょこちょこ実践されている話を伺いました。

なんでも、奥様と一緒に、アウトレットモールに出かけても、奥様をそっちのけで、ご自身は、ホームセンターに行ってせどってたり、お知り合いの線から、仕入先を確保し、アマゾン転売を試みたところ、思った以上に仕入した商品が嵩張り(かさばり)倉庫を借りなければならなかったりと。

ま、前者の方は、せどり云々が無くとも、夫婦となれば、よくある光景ですし(笑)アマゾン転売の方は、FBAを利用したりして、軌道に乗せられるそうですが、印象的なのは、こちらの方、転売を

「楽しんでいる」

ご様子だったこと。

ビジネス(仕事)なんてものは、向き不向きがあって当然です。

世の中の人、全てが料理人に向いているとか、医者に向いているとか、大工に向いているとか。

そんなことはあり得ないので、やっぱり、楽しみながら出来る仕事、っていうものを見つけると良いですよね。

特に副業であればなおさらです。

どうも、ボクがやってるようなサイトですと、相変わらず、ややネガティブ的なご相談を、お受けすることが多いのですが、闇雲に手を出すのではなく、

  • あなたご自身に向いている仕事
  • あなたが楽しんで実践出来る仕事

早いとこ、これを見つけられるよう、ご検討くださいね。

ヤフオク→ヤフオクのメリット

そんなワケで今日の本題です。

この転売教材が、あなたに楽しんで実践出来る内容であるかどうか?

そこを踏まえて、ご確認いただければと思うのですが、今日は仕入れについてです。

いかに安く仕入れるか

お題目をつければ、そうなるワケですけど、これって、一般的な転売ノウハウですと、実はいろいろな条件を必要とします。

例えば、先ほどのメンバーさんの例で言うと、お知り合いの線で、という仕入先が無ければ、成立しないケースですし、仕入れに出かける、と言っても、車が無ければ難しい場合とか、そもそも近くに、仕入先が無ければ無理な話でしょ?

これらの条件を、前者は塾などに入って、その主催者のコネクションで仕入れ先を確保したり、後者の方は、ノウハウ自体が限定だったり。
(「ブックオフで稼ぐ」とか「ダイソーで稼ぐ」みたいな)

そんな感じで、安く仕入れる、ということを実現するワケですが…

この教材では、ヤフオクで仕入れて、ヤフオクで売るから、

  • コネ・ツテは不要
  • 在宅で完結
  • ご自宅の地域、環境、条件が不問

なのでございます。

なにやら、この手のオファーだと、最近では決まって高額塾なもんですから、これもそうなんじゃね?

そんな目で見られている節もあるようですが…

これで、その疑念は晴れましたよね?(笑)

商売は「アナログ感覚」を磨け

ここであなたのお気持ちをお察しすると、

解ったよ、ヤフオク→ヤフオクで利益が出るとしよう。
じゃあ、具体的にはどうするのか・・・
それを教えてくれるのか?

とまあ、こんな感じでしょうか。

はい。教材内容は、そこがメインコンテンツと言ってよいでしょう。

何と言っても、オークションですから、最終的には落札金額を調整することは出来ませんけど、仕入れ金額は調整が可能なのですから。

言ってみれば、利益の源泉ですわね。

マニュアルでは、この仕入に関する部分を、250ページ以上にわたり、解説しておりますが、

仕入れの際に一般人と差をつけて落札しやすくする方法

この部分を筆頭に、基本的には全て

「アナログ勝負」です。

つまり、

「○○ツールで利益が出る商品をピックアップします!」

みたいなものでは無いということ。

ツールバカのボクでも、こういう内容であれば、1000%稼げます、などということは申しません。

商売人としての実力、つまりはアナログ感覚を磨いてもらうことを前提として、マニュアルに超詳しく、超実践的に書かれています。

じゃあ、具体的にはどんな感じよ?というリクエストにお応えしまして、ちょっと目次の一部をご覧いただきましょう。

訳アリ★イリュージョン目次

どうでしょう?

入札のタイミングなどは、ヤフオクで仕入れをしたことがある方であれば、意識すべきところと、ご理解いただけると思いますが、

「ライバルを増やさない質問方法」

とあるように、質問する方法まで、競合を意識したことがありますでしょうか?

また、取引ナビ(落札後の出品者との連絡手段)なんて、一般的には、取引のおまけみたいな要素、と捉えられますが、ここにも注意を払って、長い目で見て、利益の確保を狙っています。

しかも、これはあくまでスキルアップを成していただくための情報であり、メインコンテンツは、

「○○の場合は、こことここを見て、仕入れせよ!」

と、具体的な例をあげ、ご説明しています。

本教材内容を、過小評価や拡大解釈をせず、キッチリとマスターすれば、文字通り、「即金で稼ぎながら」商売で必要なスキルを上げることが出来ます。

商売の基本は、いつだってアナログですが、アナログである以上、本来伝えるのは難しい。

でも、ここを楽しめれば。しかも、稼ぎながらスキルが上がるんですから…

楽しい仕事になる可能性は高いでしょ?(^^)

仕入れ編については、こんな感じです。

それではまた明日♪

>>返信迅速>>みつおへメールしてみる?

 

関連記事はこちら

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*